れびとら 食事

即効性が自慢のレビトラとは

レビトラは、バイアグラの次に発売されたED治療薬です。

 

 

PDE5阻害薬という性格はバイアグラと同様ながら、即効性があるのがこの治療薬の特徴です。

 

 

バイアグラは、空腹時の服用すると最短30分で効果が現れるといわれています。

 

 

一方でレビトラは空腹時なら、服用から20分で効果が現れるとされており、その即効性から使いやすいED治療薬となっているのです。

 

 

こうしたED治療薬は、PDE5という還元酵素の働きを抑制する事でcGMPという神経伝達物質の働きを助けるという、共通の仕組みを持っています。

 

 

cGMPはペニスの勃起にとって重要な役目を担っている物質です、cGMPはペニス内部の平滑筋を弛緩させる働きを持っており、これにより血液がペニスに充満し、硬い勃起を得る事が出来るのです。

 

 

ただ、cGMPは加齢によって生成量が減少してしまいます。

 

 

一方でcGMPを分解して勃起を収束させる働きを持つPDE5の量は減少しないので、両者のバランスが崩れてEDになってしまうのです。

 

 

レビトラの主成分であるバルデナフィルは、このPDE5の働きを阻害してくれます。

 

 

これにより、cGMPは活発にその働きを遂行することが出来る様になります。

 

 

また、このバルデナフィルは水に溶けやすい作りになっており、これにより高い即効性を実現しているのです。