れびとら購入

第2のED治療薬レビトラ

レビトラは、バイアグラについで開発された薬で、第2のED治療薬としてアスピリンで有名なドイツの製薬メーカー・バイエル薬品によって開発されました。

 

 

バイアグラの発売が日本で開始された翌々年に承認申請がされ、2004年4月に製造許可、6月に5mgと10mgの2規格で発売が開始となりました。
その後2007年には20mgも発売に至っています。

 

 

これらの規格は、有効成分であるバルデナフィルの含有量を表すもので、バルデナフィルには水に溶けやすいという特徴があります。

 

 

この水に溶けやすいという性質はバイアグラやその後登場する第3のED治療薬シアリスの有効成分には見られないもので、服用した後に体内で血中濃度が最高値に達するまでの時間が3種類のED治療薬の中で最短となっています。

 

 

レビトラという薬の名前はフランス語とラテン語で「男性のいのち」という意味の言葉に由来していて、またそのパッケージには炎のマークが描かれています。

 

 

この炎のマークはすぐに火がつくというところからその即効性をアピールしたもので、水に溶けやすいということからも他のED治療薬と比較して即効性があることがわかります。

 

 

さて勃起のメカニズムとして、男性が性的に興奮すると体内で一酸化窒素が放出されてペニスへの血流が増え勃起が起こります。

 

 

勃起が収まる時にはある種の酵素が作用しますが、レビトラの有効成分バルデナフィルにはこの酵素の働きを阻害する作用があって勃起状態を維持します。