レビトラ 副作用

バイアグラに続いて誕生したレビトラ

世界初のED治療薬のバイアグラの次に登場したのがレビトラです。

 

 

バルデナフィルを有効成分としており、10mgと20mgの2種類があります。

 

 

多くのクリニックでは20mgを処方しており、10mgよりも効果を実感しやすいというメリットがあり、こちらをメインに処方しています。

 

 

はじめてレビトラを服用される方は、1錠から処方してくれるクリニックを選ぶといいでしょう。

 

 

他のED治療薬と比べてから決められる方が多いので、本来は10錠シートとなっていますが、1錠からの処方も可能となっています。

 

 

処方を受けるまでには10分程度しかかかりませんので、多忙な方でも大丈夫です。

 

 

検査は簡単な問診で終わり、ペニスを見せることは通常ありません。

 

 

レビトラは食事の影響を受けにくいですが、夕食のカロリーは総じて高めになるため、夕食後に飲むのは避けたほうがいいでしょう。

 

 

できれば夕食前に服用して、薬効が出てきてから食事をするのが効果的です。

 

 

服用すると1時間以内に効果を実感でき、その後はすぐに性行為をはじめることができます。

 

 

他のED治療薬と比べて効果が現れやすいので、すぐに性行為をはじめたいときにおすすめです。

 

 

価格は1錠あたり1,500円〜2,000円程度であり、バイアグラよりも価格は高くなっています。