レビトラ購入

レビトラとはどんな薬なのか

体の症状にも様々ありますが、男性の場合はEDで悩む人が多く、年配の方だけではなく最近は若い世代でもこういった悩みを持つ方が増えています。

 

 

かつてはこうした症状は治療では改善が難しいとされていましたが、今は良い治療薬も登場しており、それぞれに合った薬を処方することでそういった悩みから解消される時代となっています。

 

 

日本では現代認可されているED治療薬にバイアグラ、レビトラ、シアリスがあります。

 

 

そして、それぞれ違った特徴がありますので、まずはそれぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

 

 

この中で特に有名な存在が最初に開発されたバイアグラですが、当初は狭心症の薬として開発されていたものの、その効果はあまり期待できず、そのかわりに勃起を促進する作用があることがわかり、1998年に販売が開始され、日本でも1999年から発売開始されています。

 

 

そして2番目に開発されたED治療薬がレビトラです。

 

 

2003年にドイツのバイエル社から販売され、日本でも5mg、10mg、20mgが認可となっています。

 

 

レビトラバイアグラの欠点を補うように作られており、より食事の影響を受けにくくなっています。

 

 

バイアグラが空腹時でないと効果が出ないのに対し、食事の影響を受けづらくなっていますし、バイアグラの場合は服用後に一時間程度で聞いてくるのに対し、レビトラは服用後15分から30分程度で効果が出始めるとのことです。

 

バイアグラよりも使いやすいED治療薬

そして持続時間もバイアグラが3〜4時間程度であるのに対し、8時間から10時間とより持続時間も長くなっています。

 

 

それから利用する前にはやはり副作用についても知っておきたいですが、主な副作用としては頭痛、ほてり、鼻づまり、動悸、消化不良、めまいなどがあげられます。

 

 

個人差はあり、ほとんど副作用を感じない人もいれば、強く出てしまう場合もあります。

 

 

副作用については薬の効果が切れると収まる傾向にありますが、なかなか症状がおさまらない場合は服用をやめ医師に相談しましょう。

 

 

そして禁忌もあり、心疾患を患って入る方や重度の肝障害がある場合、先天性に不整脈がある方などは利用できない場合がありますので、処方してもらうとき、健康に不安のある方は隠さずしっかり医師に伝えておくことが大切です。

 

 

レビトラの入手方法は個人輸入などで購入される方もいらっしゃるようですが、初めて購入する場合はやはり医療機関で処方してもらい、薬の正しい使い方や副作用についてもしっかり説明してもらうことがおすすめです。

 

バイアグラの進化版レビトラ

EDで悩む男性の救世主としてバイアグラが登場して、はや10年以上が経過しました。

 

 

この10年の間に、バイアグラを凌ぐ効果を誇るED治療薬も続々と登場しているのです。

 

 

その先駆けが、バイアグラの次に発売されたレビトラというED治療薬です。

 

 

この薬は2004年にドイツのバイエル社が初めて発売し、瞬く間に全世界へ普及していきました。

 

 

もともとバイアグラの欠点を補うために開発された薬で、バイアグラに比べて効果持続時間も長く、効果が現われるまでの時間も短く改善されています。

 

 

2004年から日本でも発売されており、5mgや10mg、20mgといった種類で発売されています。

 

 

もともとは5mgと10mgのみでしたが、糖尿病など生活習慣病を抱える患者には効果が現れにくかったため、数年後にはより高濃度の20mgが発売されました。

 

 

20mgという高濃度で安全面は大丈夫なのかと議論になりましたが、数々の臨床試験や研究によって、その効果と安全面は国も認めています。

 

 

ED治療薬のメカニズムは、血管を拡張させることで男性器に流れる血流を増やし、これによって勃起を促します。

 

レビトラとブレープルフーツの同時摂取は危険!

血管の拡張は全身に広がるので、顔が火照ったり鼻が詰まったり、胃のむかつきを感じる人もいます。

 

 

しかしどれも発生頻度はごく稀で、症状もかるいため心配するほどではありません。

 

 

しかし安全に使用するため、初めて使用する際には医師の診察を受け、使用方法や注意点などを教わったうえで使用するようにしましょう。

 

 

また、ニトログリセリンなどを含む他の薬を服用している人は、同時に使用すると重篤な症状を引き起こすこともあるので止めてください。

 

 

レビトラの場合、グレープフルーツを食べたり、ジュースとして飲むのも念のため避けましょう。

 

 

レビトラは、バイアグラと違って基本的には食事内容に左右されません。

 

 

極端に高カロリーや高脂質な食事以外であれば、どのような食事の後でも使用できます。

 

 

もちろん空腹時に服用すると最大の効果が得られるので、もし心配な人は食事を抜いておくとより安心です。

 

 

個人差はありますが、服用後約15分程度で効果が現れます。

 

 

さらに効果の持続時間は約8時間で、この即効性と持続時間は非常に優れています。

 

 

さらにレビトラは、男性器を硬くする作用もあり、複合的に見て非常にメリットの多いED治療薬であると言えます。

 

レビトラで男性自身の自信回復をしましょう

レビトラはバイアグラのジェネリック医薬品であるというイメージを持っている方が多くいますが、実際にはバイアグラと比べると非常に多くの優位性が確認されています。

 

 

ED治療薬として挙げられる最も特徴的な事は効果が現れるまでの即効性が他のED治療薬として挙げられるバイアグラやシアリスなどと比べて優れています。

 

 

これは他の2剤に比べて水溶性が高いことから、薬を飲んでから血中濃度が最高になるまでの時間が短い事が要因です。

 

 

その所要時間は、平均で1時間ほどで空腹時には20分程とも言われていますが、食事の影響についてはバイアグラよりは影響を受けにくいとされています。

 

 

ただ、食事をとる際には、過度な量の食事や脂肪分の高い食事は避けたほうが良いとされています。

 

 

お酒との併用については、あまりにも大量のアルコールを摂取した場合には効果は無くなってしまいますが、適量のアルコールであれば精神安定でリラックスする事が出来るので有効であると言われます。

 

 

また、1度の服用がバイアグラは25mgか50mgなのに対し、レビトラの場合は10mgか20mgと言った半分の量の服用であるにも関わらず、持続時間については最大で7〜10時間と言ったバイアグラより長い時間作用します。

HIVエイズの方は服用できません。

10mgと20mgを飲んだ時に持続時間については差異があるようですが、効果が出始めるまでの時間については差異はないようなので自分の予定に合わせた形で飲む事が出来ます。

 

 

ED治療薬の副作用としてあげられる、顔のほてりや目の充血などについてもバイアグラと比べて軽い傾向にあるので飲みやすい傾向にあるのですが、HIVなどのウィルス性の病気の治療を行っている方は服用することが出来ないので、この点だけは注意が必要です。

 

 

特に勃起の作用について単なる血液の流れの作用だけではなく、糖尿病の患者の勃起改善にも即効性が認められていたりと、非常に有効性が認められています。

 

 

またレビトラはED治療薬なので、飲んだだけで勃起を行うことはなく性的刺激を受けることによって初めて勃起をする事になります。

 

 

特に、初めて飲んでみた時には元々もEDの要因の他に不安や緊張といった場合も考えられます。

 

 

そのような時には、諦めたりするのではなく、何度か試してみることも必要なことですが、連続投与などもしないように十分な時間を空けることも注意する必要があります。

 

 

また、あまりにも変だと感じた時には専門医や薬剤師に相談してみることも必要です。